ここでは星ドラの武器・メタスラのやりの評価と入手方法について紹介しています。

「メタスラのやりは当たり?」
「スキルはどんな効果があるの?」
「メタスラのやりがほしいけど、入手方法は?」

この記事はこういう方に向けて書いています。

メタスラ系の武器はすべての種類そろっていますが、性能はそれぞれ違います。

今回はメタスラのやりの評価や入手方法について紹介します。

スポンサーリンク

メタスラのやりの基本情報

メタスラのやり


画像出典:http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information/25522
名前 メタスラのやり
レア度 ★★★★★(星5)
初期攻撃力 82
最大攻撃力 168
得意モンスター けもの系 メタル系
得意職業 戦士 僧侶 バトルマスター パラディン 賢者 魔法戦士

メタスラ系のぶきの特徴はメタスラ系、はぐメタ系のモンスターに必ずダメージを与えられることです。

ダメージ量はおもに「1」か「2」と少ないですが、確実にダメージを与えられるところは計算しやすいです。

1回の攻撃で複数回攻撃するスキルなどを使用するとより効果を発揮します。

メタスラのやりのスキル

メインスキル

スキル名 彗星突き
効果 威力320%+25%で守備力を20%上げる 対象:敵1体
ランク A
CT 35秒(最大15秒)
分類 攻撃特技(やり専用)
最大LV 10



サブスロット

ランク セット可能スキル 初期スキル
B 攻撃特技 メタルストライク
C 補助特技
B 補助呪文

サブスキル「メタルストライク」はメタスラ系に効果を発揮するスキルです。

敵1体に最大で10ダメージ与えることができるので、はぐれメタル狩りにもってこいです。

他のメタル系のスキルはランダム攻撃が多いので、確実に1体を倒すスタイルのメタルストライクはレベル上げで活躍してくれそうです。



サブスロットの進化

スキルの種類 無凸 1凸 2凸 3凸 完凸
攻撃特技 B A A A A
補助特技 C C B B A
補助呪文 B B B A A



スポンサーリンク

メタスラのやりの入手方法

メタスラぶきセレクション


画像出典:http://cache.sqex-bridge.jp/guest/information

メタスラのやりは「メタスラぶきセレクション」などのガチャから入手可能です。

開催期間は2017年1月22日〜1月28日23:59です(他にも開催されています)。

メタスラのやりはメインスキルが優秀なのでバトルマスターやパラディンがパーティーにいるならオススメです。

ガチャには1回だけ引く単発と10回連続で引く10連があります。

10連ガチャを引くと★5装備が1枠確定となっているので、単発でねらうよりこちらをまわしたほうが当たりが出る確率は高いです。

メタスラのやりの評価

評価 Aランク



メタスラのやりの魅力の1つはメインスキルです。

メインスキル「彗星突き」は敵1体にダメージを与えながら、25%の確率で使用者の守備力を上げることができます。

また、CTの最短が15秒と短いので通常攻撃のようにガンガン使うことができます。

バトルマスターのように守備力がそれほど高くない職業に使うと相性が良いです。



メタスラのやりのもう1つの魅力は錬金できるところです。

はぐメタのやり錬金


画像引用:「星ドラ」スクリーンショット

錬金することで「はぐメタのやり」に進化し、メインスキルが強化されサブスロットに補助呪文Cが追加されます。

メインスキルも進化し「超彗星突き」になります。

超彗星突きは守備力が上がる確率が50%と2倍に上昇しているにもかかわらず、CTは変わらないのでより安心感が増します。



スロットは無凸状態だと補助特技が「C」なので少し使いずらいです。

攻撃と同時に回復ができる「ミラクル〜」のスキルも、やりだけは「B」ランクのため使用できません。

メタスラのやりをメインで使用するなら2凸まであげると攻撃特技と補助特技がランクアップするので使いやすくなります。

まとめ

星ドラの武器・メタスラのやりの評価と入手方法について紹介しました。

メタスラのやりはメインスキルが強力なやりです。

はぐメタ錬金することで、その効果がより発揮するようになるのでガチャで手に入れた後は錬金素材を集めるようにしましょう。



まだ無課金でプレーしているんですか?


ガチャ当たり


課金するお金がないからガチャしない
無課金でも楽しめるからガチャはしない


なんて思っているあなた!


分かります。


でも!


本当はガチャをしたいんじゃないですか?


大丈夫です。

◯◯すれば、無料でガチャができるようになるので、今すぐ試してください。

↓↓↓↓↓↓